IT導入補助金認定ツール

G-Pack

G-PackはGoogle社が提供しているすべての販促サービスをGoogleから認定を受けた当社がGoogleマイビジネスでランディングページを製作し会社や店舗をアナリティクスで分析、最適な集客コンテンツを作ってGoogleネットワークで告知し、誘導 見込み客を囲い込みして、MEO対策を実施し、最小限のコストで最大限の収益を上げます。

1.Googleマイビジネスを活用したGoogleマップ集客

Googleマイビジネスを活用したGoogleマップ集客。お店や企業に対する情報検索のうち 44% は地図サービスが使用されています。イメージどおりのレストランやカフェ、ホテルを見つけるのは、たいてい一苦労です。そこで役立つのが高品質なバーチャル ツアーです。認定フォトグラファーの写真でユーザーの目を引くユーザーは実際に利用する前に中の様子を把握できるので、安心して決めることができます。こういった場所に関する検索のうち、平均 41% が店舗等の訪問につながります。リスティング(ビジネス情報)に写真とバーチャル ツアーが入っているとユーザーの関心が 2 倍になります。場所に関する検索を実行したスマートフォンユーザーに関してのデータによると

・50%はその日のうちにそのお店に訪問している
・18%はその日のうちに購入している
・どのお店で食べるか決めていないときは、食べに行く30分前までは検索している
・若者の40%は、レストランの中でメニューの情報を調べる

と言う結果が出ました。

Googleマップはこのように使われています。

Googleマップを最適化(MEO)をしないと地図上に的確に表示されず、顧客が正確な情報を見ることが出来ません。MEOは必須!

Googleマイビジネス導入事例

さらに

2.Google広告で認知させる

テキストの検索広告、バナーを使ったディスプレイ広告、YouTube 動画広告、アプリ内に表示するモバイル広告。Google 広告なら、さまざまな方法で顧客にアプローチできます。

検索広告

Google の検索結果とともに広告を表示。ニーズ発生の瞬間を捉えます。

ディスプレイ広告

テキスト広告やバナー広告を、Gmail をはじめとする Google のサービスや、200 万以上のウェブサイトおよびアプリに表示。顧客が普段から利用しているサイトを通してメッセージを届けることができます。

動画広告

YouTube を視聴するユーザーに、動画を通して、あなたのビジネスの魅力を伝えましょう。ストーリーを効果的に伝える方法です。

アプリ広告

Google ネットワーク全体に、アプリを宣伝する広告を掲載。デザインの経験は必要ありません。

お店の近くだけでも、世界中でも。

お店の周囲数キロ圏内に絞ったピンポイントな集客から、地域や国単位の幅広いメッセージ発信まで。Google 広告なら、すべてあなた次第です。

Google広告導入事例

さらに

3.IT導入補助金を使うことで費用を半額に

制作料金の割合

例えばIT導入補助金の限度額50万円で申請した場合、100万円が対象になります。その場合は基本設定料として20万円、サポート費用として30万円 広告コンテンツはそれぞれの事業に合わせた媒体を作るために50万円の枠を設けました。ですから、広告コンテンツ費は事業主様が自由に使えます。

基本設定料

Googleマイビジネス アカウント開設 ランディングページ製作 管理者・ユーザーアカウント登録 登録カテゴリーの設定 オーナー確認コード認証代行 プロフィール画像 カバー画像撮影 商品撮影

サポートについて

AdWords ExpressとGoogle広告の違い

GoogleマイビジネスにはAdWords Expressは簡単に扱えるように各種設定が簡略化されているまが、Google広告より大幅に機能が削減されています。「自動化されている」と言われると楽そうに見えますが、逆に扱いにくい部分もあります。
AdWords Expressは基本的に検索結果から直接電話をかけてもらうか、ホームページへの誘導だけを目的とする場合にしか使うことができません。お店の認知度を上げるための目的での広告配信ができず、画像のバナーを様々なサイトに掲載するディスプレイ広告や、YouTubeに掲載する動画広告などを利用することはできません。Google広告の良い点である配信先の絞り込みが弱く、成果につながった検索キーワードだけに出稿して費用を押さえたり、除外キーワードを設定してコスト削減するような運用もできません。

サポートが必要な理由

PCの操作に疎くて手間もかけられないけど、広告費を捻出する余裕があるならばAdWords Expressを利用する価値はありますが、10万円以上の広告費を運用できるならば代理店に依頼してGoogle広告で出稿した方が高いパフォーマンスを得られるかと思います。
問題なのは数万円程度の少額の広告運用を行う場合で、広告代理店としては規模が小さく熱心に運用してくれないという
ご相談を受けることがあります。しかし、ご自身でAdWords Expressで出稿すると費用の割に集客に繋がっていないと感じている事業主様も多く、うまく運用できないまま広告出稿を諦めてしまうケースがあります。もしAdWords Expressを使うべきか迷っているのであれば、Google広告の方をおすすめしますが、日々変わる新しい情報にもアンテナを張り、仕組みを覚え配信設定を学ぶ手間や、アルゴリズムを理解してコスト削減する方法を覚えたり、本業以上に大変だということは理解しておいた方が良いかと思います。

申請から補助金を受け取るまでの流れ